タクシーとハイヤーの相違点

タクシーは一般的ですが、ハイヤーはあまり乗る機会がないという人も多いと思います。タクシーは街中で誰でも手を上げると気軽に乗ることができる公共交通機関ですが、一方でハイヤーは、流しの営業はしていません。予約している特定の利用者のために営業所から向かう流れが一般的な利用方法です。そのため、普通に生活している中であまり利用することはない乗り物という印象です。イメージとしては、大会社の社長や役員が利用するもので、実際に企業などでは、月や年単位で契約を行い、社用車と同じ様な扱いで業務に使っているところもあります。

また、料金体系もタクシーとハイヤーは異なっており、タクシーは距離や時間でメーターが動いて料金が変わるために、車内に必ず料金の詳細が記載されています。これは法律で決められています。ハイヤーは、何時間で何円といった時間単位で決まっている場合が多いです。時間貸しで利用することができるのがメリットで、タクシーのように移動のたびに、どこかで流しの車に乗り込んだり待ち時間が発生するということはありません。

料金については、タクシー料金よりもハイヤーの利用料金の方が高い傾向となっています。そこにはさまざまにサービス面で優れている点や、付加価値が含まれています。タクシーはその使いやすさから、時間のあまりかからないような短距離の移動であればお得に利用ができます。ハイヤーは時間で貸し切れるという利点から、長距離の移動や、細かな移動がたくさん続いて有効的に時間を使いたい、というような場合に向いている乗り物でしょう。複数人で使用する場合、乗客全員で割り勘定ができます。1人あたりの金額を知ると思ったより、リーズナブルに感じる場合もあります。場所やシーンに応じて使い分けましょう。

違いと言えば、見た目にも異なる点があります。会社の看板でもある行燈を付けることが義務づけられているのがタクシーで、空車の状態がわかるようになっていたりタクシーだとひと目で分かる外観です。会社のステッカーや広告情報等が記載されている事が多く、黄色や黒といった色の車両が目立ちます。ハイヤーには、そういったあんどんも広告もありません。国内外のハイクラスなメーカーの車両が使われていて、イメージ通りの黒塗りのものが一般的です。

乗務員として日々運転にあたる場合にも、ハイヤーは技術力がより求められている会社が多く経験が必要とされています。接客やもてなしにも力を入れていたり、海外の利用者が増加していることにも対応できるよう、英会話や語学に堪能な運転手が採用されていることもハイヤーの特徴となっています。